ドラマ【未解決の女】4話の百合場面は? 人生を教えてください!

未解決の女
出典:テレビ朝日

熱血バカとも言われる女性刑事の矢代朋(波瑠)は無鉄砲な捜査で負傷、警視庁捜査一課の強行犯係から異動を命じられる。

異動先は薄暗い地下にある窓際部署の「特命捜査対策室」第6係。

そこは未解決事件の文書捜査を担当する部署だった。

朋は戸惑いながら文書解読のエキスパートと呼ばれる不愛想な先輩刑事の鳴海理沙(鈴木京香)と体力派の朋がバディを組んで未解決事件を解決していく!

朋は成海先輩への好意をストレートに表現するようになってきました。一部界隈では2018年春の一番の百合ドラマと話題の未解決の女がどんな展開をするのか楽しみです!

ドラマ【未解決の女】4話あらすじ

 ショップ店員・長瀬真智(吉井怜)が山中の橋から転落し、全身打撲で意識不明の重体に陥った。この事件が発端となり、ひとつの未解決事件の捜査が再び動き出す。真智が乗っていた車から採取された毛髪のDNAが、ある失踪者のものと一致したからだ。失踪者は近所でも“理想の主婦”と評判だった藤田里美(真飛聖)。里美は15年前、代議士の夫・藤田晃一(堀部圭亮)と息子2人と共に祭りに来ていたが、まるで神隠しのように突如姿を消してしまっていた――。

真智の車からは、毛髪だけでなく、9桁の数字が羅列された“謎の文書”も見つかっていた。妙に張り切る「特命捜査対策室」室長・古賀清成(沢村一樹)から“捜査の脇役”扱いをされながらも、「特命捜査対策室」第6係の刑事・矢代朋(波瑠)は文書を解読して捜査に貢献しようと奮起。やがて証拠文書の紙が移動図書館のチラシだと突き止めた朋は、9桁の数字が蔵書の資料コードだとにらみ、番号から割り出した蔵書と資料をかき集める。すると、それらはすべて失踪事件に関する書籍や、里美が失踪した事件に関する記事で…!

やがて、真智と15年前の事件現場との間に“ある接点”があったことが判明。そんな中、里美が息子たちに託した手書きレシピを見た第6係の文字フェチ刑事・鳴海理沙(鈴木京香)は「字が泣いている」と言い出す! さらに、息子たちへの直筆メッセージにもぬぐえない違和感を覚え…!?

出典:テレビ朝日

未解決の女 4話の視聴率は?

未解決の女4話の視聴率は12.7%でした!

 

未解決の女 4話ゲスト

藤田 里美(34)………真飛 聖

藤田 晃一(50)………堀部 圭亮

長瀬 真智(34)………吉井 怜

ドラマ【未解決の女】4話の百合場面は?

百合シーンと思うシーンを紹介していきます。

 

文章見つけて喜ぶ明

朋は事件の捜査をするための文章を発見して成海先輩に駆け寄りますが、成海先輩は朋が5年前に書いた捜査資料を”ひらがなの多さが特徴ね、前しか見えない性格が出てる」と明をいじりますwwww

いじりながらも明が持ってきた文章には一応目を通します。

 

こういう所に好意を感じますね…本当に嫌なら文章なんて見ませんよね?

 

2人の捜査方針の違い

成海先輩が失踪者の事を駆け落ちとか、新興宗教とか疑うのに対して朋は失踪者は生きてると信じて捜査を開始します。

この前向きすぎる考え方と後ろ向きすぎる考え方が一見凸凹コンビニ見えて、実はいいコンビなんですよね、やっぱり。

 

成海先輩って料理するんですか?

成海先輩に質問した朋。でも成海先輩は”プライベートな質問には答えないわ”と言って教えませんw

でも教えないわりには朋の方に近づき、何をしているか聞きます。

そこで朋はのんきに”ロールキャベツも好きですよー”ととぼけてると、成海は自分でも見つけた絵馬のメッセージの予想を明に伝えます。

 

まだはっきりしない予想を明に話すのは成海先輩は朋を信用しているって事ですよね?

 

でも熱心に話す成海に対して朋は”さっきから熱心に話してるけどこじつけっぽいです”と成海に意見します。それに対して成海もむきになって、文章捜査の結果と、兄弟は養子だという事を突き止めます。

 

この2人は全く違う方法ですけど、絶対いいコンビです!

 

あの長い階段上って来てくれたんですか?

成海先輩は文章捜査だけでなく科学捜査の結果を長い階段をわざわざ上って報告に来ます。それにびっくりする明!笑

自分の文章の分析の裏付けをとる為に必死な成海先輩可愛い!!!

 

あら、仲いいのね?

”コート熱くないんですか?”と聞く朋に対して成海先輩は”アフターファイブにまでなんでこんなに階段の多い所に来ないといけないわけ?”と文句を言います。

でも朋は”そりゃ真実の欠片を集めなきゃいけないですから”と言い、成海先輩を捜査に引きづりこみます。

 

そして神社で明と成海はやり合いながら操作をします。

 

ちょうどそこに岡部から朋の所に電話が来ます。すると成海先輩が”その同期と仲良いのね?”と嫌味っぽく言いますが、朋は”いや、べつに”としれっとスルーしますw

 

なんだこれ…成海先輩の嫉妬!?!?

 

あぁぁああああ!

”まさか階段のせいで動悸息切れ?”と、急に叫びだした成海先輩を朋は心配しますwww

文字の神様が下りて来たと考える前に、成海先輩の体調を心配しちゃう朋…

もう、こんなん絶対好きじゃん!

 

成海先輩の人生も教えてくださいよ!

朋は成海先輩について知りたがります!

“プライベートな事ですよ!どうして刑事になったのか?とか、どうして室長と仲が悪いのか!!”

まとわりつく朋を若干鬱陶しそうにしつつも、

成海”そうね、前者は何時か話してもいいわ…”

 

”ほ、ほんとですか?”と喜ぶ朋。しっぽが見えるwwww

 

”でも後者は知らない、あっちに聞いて?”と突き放す成海に朋は、

じゃぁ結婚した事あるかどうかは?好みの男性のタイプは?得意なお料理とか?“と、ここで成海が自分の部屋に入っていくと、扉の前で”先輩!教えてください!”と叫びだす始末…

 

朋、絶対成海先輩の事好きすぎるでしょ!!!笑

こんなんもう、好みの男とか聞いてる時点で完全に百合視点でしか見えない!

ドラマ【未解決の女】4話感想&ネタバレ

今回は成海先輩はなかなか文字の神様が降りてきませんでしたが、朋と失踪現場である神社に行ったり、朋の前向きすぎる言動から文字の神様が下りて来て事件を解決します。

そしてなんと犯人の取り調べも成海先輩自身が行い、それまで口を閉ざしていた被疑者から事件について聞き出す事に成功します!

 

“魔女”と呼ばれていた成海先輩がすごく成長していますね!これは絶対朋の影響です!!

 

 

事件は不運な殺人事件から、それを隠そうとしてまた新たな事件を起こしてしまうという事件でしたね。ほんの些細な事から人生は一遍していくという事…罪はどんどん重なっていくという事、未解決事件を未解決のまま放置すると新しい事件に繋がってしまう事….

 

この事件はとても複雑でとても悲しい事件ですね…

でも最後の最後で兄弟が母親の事を15年たっても、犯罪者でも大好きで、そんなところに救いを感じるドラマです。

死んだと思ったった母親に”生きていてくれてありがとう”って。

 

百合視点では明と成海先輩の凸凹コンビ、特に朋から成海先輩への好意を感じざるを得ないし、成海先輩もまんざらではないような気がします!

 

やっぱりこの2018年春ドラマの中では1・2を争う百合ドラマですね…BLの方はおっさんずラブがあってかなり盛り上がってますねー

百合でもそんなドラマ出て来たらいいのに!なんて考えてます。

円盤化されてるので何度も見たい…

あ、そういえば今回被害者役の吉井怜さんはそういえば昔レズビアン映画に出ていましたね!これもレズビアン映画として貴重な作品ですね。

映画【ラブ マイ ライフ】百合シーンは?レズビアン映画
映画【ラブ マイ ライフ】百合シーンは?同性愛映画、レズビアン映画、レズビアンの苦悩や葛藤というよりレズビアンの日常をどこか爽やかに描く青春恋愛映画。ベッドシーンやキスシーンもあり。高橋一生、石田衣良もゲイ役で登場。見た後にスッキリする映画です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました