【ドラマ】片想い 3話百合シーンは?性同一性障害LGBT

片想い

ドラマを勝手に百合目線で楽しむために”片想い” 原作:東野圭吾 を紹介します。 あらすじと百合視点での感想を書きます。 ドラマ【片思い】は公式で中谷美紀さんがトランスジェンダーの役となっているので百合(といえるかはわかりませんが)シーンかはわかりませんが、2話では中谷美紀さんと国仲涼子さんのキスシーンがありましたね!   さて今回は百合シーンはあるんでしょうか?

ドラマ【片思い】 3話のあらすじ

美月が失踪した。哲朗は手掛りを得ようと美月の父・日浦正一(橋爪功)のもとへ。美月は幼少期から性同一性障害だったと聞き、戸惑いを隠せない哲朗。一方、ホステスの香里も姿を消していたことが分かる。「美月は香里さんをかばっているのでは」と疑う理沙子。哲朗と須貝(和田正人)は、香里がかつて住んでいたマンションを訪れる。そこで香里はカオルという男性だったと聞き……。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

片思い 3話の百合場面は?

結果から申し上げれば百合的な絡みシーンはありませんでした。 しかし、是非百合ドラマ百合アニメ好き、もしくは実際にセクシャルマイノリティの当事者だったり、身近にセクシャルマイノリティがいる方は是非見て欲しいストーリーとなっています。   今回は失踪してしまった美月(中谷美紀)を探すため哲朗(桐谷健太)が美月の父を訪ねます。   哲朗と美月の父との会話からは性同一性障害の子供を持った親の心情、そして子供の頃の様子について語ります。   この語りが、性同一性障害(FTM)の子供を持つ親の心情を本当にうまく描いています。身近に性同一性障害の人がいる方は是非見てください。 美月の考え、親の考え、友人の考え、どれも本当に心に響きます。 そして当事者たちの生きずらさをうまく書いていて 心がとても痛くなります。   さらに哲朗は猫目の”かおりちゃん”を探しにかおりのアパートを訪ね、実家まで訪れる事になります。 そこではさらに”かおりちゃん”も性同一性障害で今は男として”かおる”という名前で過ごしているはずだ、という事実を知ります。   哲朗が追っていたかおりちゃんは一体???     こちらの両親も子供が性同一性障害で苦しんだ両親です。美月とは違うパターンですが、このドラマ【片想い】には2人の性同一性障害の人間が出てきます。そして3話には二人の両親が出てきます。めずらしい話ではないんですよ、意外に身近にある話なんです。   そしてたぶんもう一人….   2話には百合シーン(性同一性障害×ストレート)がありましたが、話の方向性としてはもう百合シーンはないかもしれません。 2話のキスシーンについてはこちら https://yuridora.com/kataomoi_2/

片想い 3話感想

私の個人的エゴですが、百合好きの方にも知っておいて欲しい性同一性障害の問題がメインの話になってきました。 現実でみなさんが百合かどうかは私にはわかりません。 ですが、こんな人もいて、こんな事を考え、こういう風に苦しんで、こんな事に悩んでるってことを知ってほしいです。   もし現実でもセクシャルマイノリティと呼ばれる分類の人なら。きっと出会うと思います。美月やかおりのような存在の人たちに。   私個人の話をすれば私は性同一性障害に近い存在です。悩んで悩んで違うと気づいた者です。そして現実でもセクシャルマイノリティと呼ばれる存在です。   だから本当に勝手なのはわかってますが、見て欲しいんです。多くの人に知ってほしい。   性別に違和感があるってことがどんな事なのか。そして周りがどんな考えでいるのかってことを。決して怖い存在でもないってこと。あたりまえにあなたの隣にいるって事を。   もちろん東野圭吾さんの作品なのでミステリーとしても充分楽しめますよ!ここまで見ても全然事件の全貌がわからないですから!(小説をずっと昔に読んでいたのに!笑) 是非視聴してほしい作品です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました