ドラマ【アンナチュラル】2話の百合シーンは?一家無理心中事件

アンナチュラル

 

『逃げるは恥だが役に立つ』の脚本家・野木亜紀子と今ノリに乗っている女性スタッフたちを中心に一話完結の法医学ミステリー『アンナチュラル』

主演の石原さとみが今回演じるのは、日本に170名ほどしか登録がない“法医解剖医”三澄みすみミコト。毎日運び込まれる“不自然な死”(アンナチュラル・デス)」の怪しい死体を、クセの強いメンバーたちと共に解剖する日々。さまざまな「死」を扱いながらも、スピード感と爽快感を持って、「死」の裏側にある謎や事件を明るくスリリングに解明していく。

スタッフ、出演者共に女性が多いので百合ドラマとして視聴可能かどうか?とても楽しみです!

あらすじ&ネタバレ

ミコト(石原さとみ)らUDIメンバーは警察の依頼により、集団練炭自殺の現場に出向く。
そこには4人の遺体があり、刑事の毛利(大倉孝二)は事件性がないと主張するが、ミコトは解剖することを決める。
解剖の結果、3人は一酸化炭素中毒で自殺と断定された。ところが、ひとりの少女の死因は“凍死”であることが判明。さらにその少女の胃の中から、解読不可能なダイイングメッセージが発見される。間違いなく事件であると確信したミコト、六郎(窪田正孝)らUDIメンバーは、所長の神倉(松重豊)に止められながらも、身元不明の少女が残したメッセージの意味を必死で解読しようとする。そんな中、ある理由から突然ミコトは六郎を温泉に誘う。温泉地へと向かったミコトと六郎は、驚くべき事実を突き止める。

だが、そんな2人を絶対絶命のピンチが襲う!!
集団自殺に見せかけた事件の真相とは一体?

出典:TBS

アンナチュラル2話視聴率

アンナチュラル第2話の視聴率はわかり次第更新します!

ドラマ【アンナチュラル】2話の百合シーンは?

百合シーンと思うシーンを紹介します

 

まめにメッセージを交わす相手もいないから

ミコト(石原さとみ)は未だにスマホではなくガラケーを使用しています。

そんなミコトを東海林(市川実日子)は「彼氏いるくせにー、うそうそ、ごめん」と言ってからかうと、ミコトは「別れたよ」と言います。

東海林は「うそ?」「ほんと?」と、ものすごくミコトの話に食いついていきます!そして「気分一新、アドレス帳一新!」と言ってミコトにスマホをお薦めします!

やっぱ昔の男とはしっかり縁を切らせたいんですかね?

そんな東海林をミコトはスルーしていきます。

 

刺す?刺しとく?

中堂が刑事と喧嘩してるのを見て東海林は「刺す?刺しとく?」とミコトに聞きます!ミコトは「やめとこっか、今警察いるしね」と軽くいなします。

東海林とミコトはかなり仲良しですね!

 

さすが練炭のエキスパート

練炭の濃度などを計算すると言ったミコトに、東海林は「さすが練炭のエキスパート」と言います。東海林はミコトの過去ではなく、ミコトの論文の事を言って練炭のエキスパートと言いました。

久部(窪田正孝)はミコトが練炭自殺の被害者ということを知っていますが、東海林はその事は知らないようですね。

NLに傾くのかGLに傾くのか微妙な感じです。

 

はなちゃんの最後の晩餐

身元不明の遺体の胃の内容物でもりあがる東海林とミコトw

ほんの些細なことなのにミコトと東海林はすぐもりあがっちゃうんですよね!

仲よすぎ!

 

ミケと花

花は無事に救出され、ミケの火葬場でミコト達と話をします。

ミケと花の回想シーンでは、ミケは日が沈まない国、白夜を見に行きたいと花に言います。”ここを出て白夜を見に行く…”と何度も繰り返して。。。。

それを思い出して花は”絶対見に行きます”とつぶやくと、

ミコトは花の頭を優しくなでます…..

 

ここ!2話で1番百合を感じたシーンです。

何一つ確実ではないけどふわっと漂う百合感が良いです!!

ミケ花もですが、ミコトが花の頭をなでるところがいんです、そっと!

ここ注目です!

花ちゃん役は乃木坂46の松村沙友理でした!

オフショでも2人はとても仲良しです!

 

行こ、肉!

ミコトは久部にお礼も兼ねて肉に行こうといいます。先に来た東海林と笑いながら楽しそうに歩いてますけど、ほんと東海林とミコトは仲良しですね!

東海林もミコトが来た瞬間久部との会話は無視してすぐミコトの所に近寄っていくし、ミコトも久部を一切待たずに東海林と歩き始めます。笑

ドラマ【アンナチュラル】2話感想&ネタバレ

アンナチュラル2話は、ミコトが一家で練炭自殺の生き残りという事が明らかになった後、練炭自殺での集団自殺の事件が起こります。

自殺に思われた遺体の中に1人だけ他殺の遺体が混ざっており、その犯人をミコトが探すというストーリーでした。

 

身元不明遺体で、死因がわかっても誰も得をしない状況で、捜査も打ち切られようとしている中でミコトは”生きてる時も助けられずに、死んでからも見なかった事にするんですか?”と言い、久部と共に殺害された現場、殺害された方法を探しに行きます。

 

結果、久部と一緒にミコトは冷凍車に閉じ込められ、そのまま池に沈められてしまいます。ほとんど水没して、顔がギリギリ水面に出ている状態で、練炭自殺について書いた論文の少女という設定で、ミコトの過去というか練炭で一家無理心中の事が明らかになりました。誰もミコトの過去とは言っていませんが、だれが見てもミコトの過去でした。

 

無理心中から生き残ったミコト。

 

久部もあきらめかけているのに、ミコトは”人間は意外としぶとい”と発言したり、あしたごはんおごるよ!と、未来の話ばかりしています。

 

あの練炭自殺の事件がミコトの考え方に大きな影響を与えていますね。

 

そして印象に残っているのは、葬儀社の木林が言った「マスゴミ」という言葉です。ネット上ではよく使われるスラングをドラマに入れて来た野木さん流石というか、書きたいものを書いている感じがすごいです。

そして1話から感じていた久部の異質な感じというか気持ち悪いというかゲスな好奇心というか、人として大丈夫?的な所は「マスゴミのネズミ」だったからだという事がわかって少し納得しました。

 

こんなにドキドキして先を見るのが楽しみなドラマは久しぶりです!流石野木先生(n回目

百合ドラマ的にはNLに転ぶかGLに転ぶかまったくわかりません(いやおそらくNLでしょう…良くてほんのり香るNL)

ですが、1話でも2話でもほんのり漂う百合要素があったので、今後もそこらへんをメインにしながらストーリー自体を楽しんでいきます。

見逃した動画を無料で視聴するには?

注目の「アンナチュラル」ですが、見逃してしまった、またはもう一度見返したいという人もいらっしゃると思います。

そんな時に便利なのが動画配信サービス「paravi」です。

TBSのドラマだったら放送後1週間はHPから無料視聴できるので、いろいろな最新ドラマやタイミングによってアンナチュラルも視聴可能です。

 

最近TBSのドラマは逃げる恥だが役には立つ、コウノドリ、日曜ドラマなどなど話題作品が多数。paraviは加入すればTBSの番組がかなり見えるのでお得ですよね。

 

他の動画サイトに登録しているけど、アンナチュラルだけ見たいと言う方はブルーレイにもなっていますのでこちらでの購入をお薦めします。

アンナチュラルはドラマとしても名作といえるので持っていて損はないBOXだといえます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました