あなたには渡さない2話百合シーンは?

あなたには渡さない

一枚の離婚届が、戦線布告の合図だった….

 

木村佳乃主演、水野美紀、萩原聖人、田中哲司のドロドロ不倫ドラマ

濃厚で妖艶かつミステリーな雰囲気を醸し出しています。

 

一般人にはドロドロ不倫ドラマにしか見えないようですが、一部では完全に百合になっているという噂でしたが….

 

実際、ただの妻と、夫の浮気相手という関係ではない様子です。これは百合な展開も充分に期待できそうです!

あらすじ

金沢の多衣(水野美紀)の元を訪れ、旬平(萩原聖人)との婚姻届を6000万円で買ってほしいと告げた通子(木村佳乃)。通子がその6000万円で新しい料亭『花ずみ』を始めると聞いた多衣は、金を用意する明日まで金沢で待っていてほしいからと通子に旅館を紹介する。だが旅館の一室に入った通子は、多衣がどうしてこの宿に通子を泊まらせたのかに気付き怒りに震える。
翌日、再び通子と対面した多衣は「担保はあなた自身。あなたに賭けてみたくなった」と6000万円を振り込むことを確約。さらにもう一つ担保があると言い、実は旬平の母親から預かっていたというある帯を手渡す。
新生『花ずみ』に向けて動き出す中、笠井(田中哲司)が様子を伺いに訪問。軽口を叩きながらも通子を優しく激励する。そんな様子を意味深に見つめる旬平。さらにそこに多衣までが現れ、四角関係の当事者が一堂に会し一触即発の空気に!
そうして、いよいよ通子が女将を務める新・『花ずみ』の開店日を迎え――。

出典:テレビ朝日

視聴率

あなたには渡さない 第2回の視聴率は4.6%でした。

あなたには渡さない2話の百合場面は?

百合!!!と思うところを紹介していきます!

 

6,000万の価値

通子(木村佳乃)は多衣(水野美紀)と旬平の婚姻届を6,000万円で買えと迫ります。ただ多衣は自分の力で結婚すると断りますが、通子が料亭「花ずみ」を始めると言うと、お金を準備すると言い出します。

 

自分たちの浮気部屋に妻を泊まらせる

多衣は自分と旬平がいつも泊まっていた部屋に通子を泊まらせます。多衣は自分と旬平の関係を通子にみせつけるためだとはっきり宣言します!

でも言いますかね、こんな事。


そして朝イチに道子を訪ねた多衣は「あなたやっぱり図太い人ね?」

通子「人の家庭を壊すほどではありません」

 

6,000万円を借りるのに利子は要らないという通子、多衣はそんな通子の態度を見て「6,000万円をあなたにかけてみたくなった」と。

 

そして多衣は実は旬平の母から貰ったと言った帯は、本当は義理の母が通子に託したものでした。

 

それを一度は返すが6,000万円の担保にすると言う多衣。

 

帯を手に入れる事で旬平も、お義母さんも手に入れる腹でいる多衣。それを悟ってしまった通子。

 

女の腹の探り合いがすごい!!!

 

 

女2人が裸で抱き合った感覚?

帰る通子を追いかける、お金は直接渡したかったから!

これって多衣がまた通子に会いたくなったから追いかけて来たんじゃないですか??

 

通子「おんな2人が憎み合いながらも裸で抱き合ったような気がして…だとしても私はあなたと手は握りませんから。」

 

多衣「わかります、私も同じような気持ちですから。

手はお貸しします、でもにぎりません。」

 

やばい!このやりとり!!!!完全にお互い意識してますよね。出会い方が悪いですけど、違う出会い方していたら絶対にいい友達。そして友達以上の何かになれる可能性を感じます。

 

多衣の部屋を訪れる通子

通子「これ今月分です、お確かめください」

多衣「確かに。がんばられたようね」

 

通子「でもこれも多衣さんがお金を貸してくださったおかげです。」

 

多衣「いい顔してる、商売人の顔になって来た」

通子「あはは、それならいいんですけど~」

多衣「愛とビジネスを天秤にかけてビジネスを取った人ですもんね。あたりまえですよね」

 

えぇぇぇ!!いい感じだと思ったらいきなり多衣の部屋に旬平帰って来て、修羅場!!!笑

多衣めっちゃ顔どやってるしwwww

 

いやー多衣と通子がくっついたらいいと思うんですけど。いい感じじゃないですかバリキャリ同士で。

 

まとめ

通子は裸で多衣と抱き合ったような感覚って!!!!!!

とんでもない百合発言してますけど、そもそも通子はなんで多衣が6,000万円もの大金を貸してくれるとおもったんでしょうか?

私にはわからない2人の関係があるのか?空気感??

百合してますねぇ。

 

ストーリー自体はカオス…うーん。。。旬平ってそんな魅力的な男ですかね?(爆)

 

 

離婚したのに一緒に働いたり、元夫の愛人に6,000万円借りたり、無銭飲食のおじさんに5万円も貸したり、お手伝いの八重さんはめっちゃ女将の通子睨んでるし…

 

多衣と旬平のペアルックで着てたトレーナーめっちゃダサイしw

 

離婚したんだから別に多衣と住んでても問題ないのに言わない旬平ってなに…ってなるし…

 

まだまだもやもやが溜まるばかりです。

 

あと原作のタイトルの「隠れ菊」も出てきましたねーまさか帯にあったとは思いもしませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました