凪のお暇 あらすじ&キャスト紹介

多くの漫画賞を受賞したもっとも旬な漫画の待望の実写ドラマ化した凪のお暇

黒木華が扮する凪は空気を読みすぎてしまう女子。仕事も恋も全て捨てて失踪する人生リセットストーリです。

もちろん凪は一般的にはストレートな恋愛をしていくんですが….

実はものすごく百合かもしれない!という事で紹介していきます。

スポンサーリンク




ドラマ【凪のお暇】基本情報

放送日:2019年7月19日(金)

時間:22:00~

プロデューサー:中井芳彦

脚本:大島里美

演出:坪井敏雄 山本剛義 土井裕泰

主題歌:miwa 『 リブート 』 (ソニー・ミュージックレーベルズ)

原作:コナリミサト 凪のお暇(秋田書店 「Eleganceイブ」 連載)

製作著作:TBS

ドラマ【凪のお暇のキャスト

黒木華(役:大島凪)

登場人物

営業事務として働く会社員。
派手な同僚たちとは反して目立たない仕事を黙々とこなす日々。
コンプレックスの天然パーマを毎朝1時間かけてサラサラストレートヘアにし、同性を威嚇しないコンサバ女子アナコーデで武装。真面目でおとなしい性格で、同僚女子の会話の空気を必死で読み 「わかる!」 と合わせることで日々何事もなく過ごすことを目指している。
しかしある日、張り詰めていた糸がぷっつりと切れ、会社を辞め、住んでいたマンションも解約し、付き合っていた彼氏もろともすべての人たちとの連絡も絶ち、コンプレックスだった天然パーマもそのままに、幸せになるため人生の再生を図ろうとする!

キャスト

黒木華…1990年3月14日生まれ。京都造形芸術大学芸術学部映画学科俳優コース卒業。野田秀樹の舞台でデビュー後舞台で経験を積み、蜷川幸雄演出『あゝ、荒野』などの舞台作品に出演し、演劇界の期待の新人として注目を浴びる。2011年『東京オアシス』にメインキャストとして映画に初出演。その後さまざまな賞を受賞。2016年4月スタートの『重版出来!』で連続ドラマ初主演。

『純と愛』『リーガル・ハイ』『小さいおうち』『母と暮せば』など。

吉田羊(役:白石みすず)

出典:www.oranku-yy.com

登場人物

一人娘の小学校5年生のうららを育てているシングルマザー。
カギっ子だった凪が、あまりにも自分と境遇が似ているうららと仲良くなったことをきっかけに、隣同士の付き合いが始まる。凪と同じく周りのママ友にマウンティングされがちだが…

キャスト

吉田羊・・・2月3日生まれ。福岡県久留米市出身。兄2人・姉2人の5人兄弟の末っ子。2007年『愛の迷宮』に準レギュラー出演してドラマデビュー。2009年『20世紀少年』で映画デビュー。『HERO』出演により知名度が高まる。『コールドケース 〜真実の扉〜』で連続ドラマ初主演。

『ウロボロス』『コウノドリ』『嫌な女』『レディ・ダヴィンチの診断』など

市川実日子(役:坂本龍子)

出典:http://eiga.com

登場人物

成績優秀で高学歴にも関わらず、ハローワークで求職中の元会社員。
“空気を読みすぎた” 凪と対照的に、“空気を読めなかった” 女性。凪との出会いは最悪だったが…

キャスト

市川実日子・・・1978年6月13日生まれ。1994年『Olive』専属モデルとなる。ハイファッション系の雑誌に多く登場。1998年『How to 柔術』で女優としてデビュー。2003年に『blue』で初主演。以降様々な映画やドラマに出演。

『嫌われ松子の一生』『シン・ゴジラ』『ナタラージュ』『小さな巨人』『アンナチュラル』など

中村倫也(役:安良城ゴン)

出典:http://www.topcoat.co.jp

登場人物

凪が新たに出会う、イベントオーガナイザーをやっているという、危険な香りがする隣の部屋の男。人との距離感ゼロの天性の人たらしで、別名・メンヘラ製造機。
誰にでもオープンマインドで、優しくて聞き上手。相手を丸ごと包むような笑顔で、誰しもが彼の作り出すユルくて美味しい空気につい呑まれてしまうという奇跡のモテ男だが…

キャスト

中村倫也…1986年12月24日生まれ。高校1年生のときに所属事務所からスカウトされ、2005年、映画『七人の弔』で俳優デビュー。2014年に『ヒストリーボーイズ』にて舞台初主演。

『ライフ』『高校入試』『ファーストクラス』『下町ロケット』『ホリデイラブ』『半分、青い』など

高橋一生(役:我聞慎二)

出典:舞プロモーション

登場人物

凪の元彼氏。辞める前は同じ会社の営業部。生意気な言動の一方で気配りを忘れず、得意先の上司に臆することなく人の懐にスッと入り込むことができ、営業成績は常にトップ。
会社では完璧なのに、去っていった凪に対しては恐ろしく不器用。

キャスト

高橋一生・・・1980年12月9日生まれ。1990年の映画『ほしをつぐもの』で映画初出演。『耳をすませば』で、主要キャラクター・天沢聖司。長年ヒット作に目立った出演がなかったが、2015年『民王』でブレイク。

『池袋ウエストゲートパーク』『シン・ゴジラ』『カルテット』『おんな城主 直虎』『わろてんか』など

三田佳子(役:吉永緑)

no image

登場人物

凪の上の階に住むおばあさん。
パン屋でパンの耳をタダでもらったり、自販機の下の小銭を探していたり、近所で評判の “おつり漁りババア”。無職&独身の凪にとって、「この生活を続けていたら、いつかこの人みたいになってしまう」 という恐怖の対象。
しかし、日々の生活を大事にして、人に何と思われようと、ただただ、自分の命を自分の人生のためだけに生きる女性

キャスト

三田佳子…1941年10月8日生まれ。1960年『殺られてたまるか』で女優デビュー。1984年、『Wの悲劇』での女優役の演技が高く評価され、各映画賞を総なめに。1986年『いのち』に主演。高視聴率を獲得。大河ドラマ『いのち』と『花の乱』で主演を務めた。大河ドラマに複数回主演した唯一の女優。数多くの映画やドラマに出演。

最近では『小さな巨人』『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』『忠臣蔵の恋〜四十八人目の忠臣〜』など

片平なぎさ(役:大島夕)

出典:www.horipro.co.jp/katahiranagisa/

登場人物

凪の母親。凪を女手ひとりで厳しく育てる。
凪の実家の北海道で一人暮らし。たまに凪に連絡をするが、そのたびに凪を強張らせている。しつけに厳しかったこの母親との関係性が、凪の 「空気を読む」 体質の原因となっている。

キャスト

片平なぎさ…1959年7月12日生まれ。1974年にアイドル歌手としてデビュー。所有としては1975年『青い山脈』がデビュー作品。『スチュワーデス物語』の悪女役で知名度を上げたが、役のイメージで悪女だと思われ、道端で石を投げられたりした。近年は悪役を演じることは少なく、聡明な中年の女性を演じることが多く、2時間ドラマの主演シリーズを持つようになり、以降「2時間ドラマの女王」等の異名で知られるようになる。

『火曜サスペンス劇場』『山村美紗サスペンス 赤い霊柩車シリーズ』『土曜ワイド劇場』など

瀧内公美(役:足立心)

出典:http://www.y-motors.net/artist/takiuchi/

登場人物

凪の勤務先の元同僚。凪に対して “無意識” かつ “笑顔で” 雑用を押し付けていた。凪が会社を辞めた原因になったが、自分ではそれに気づいていない。慎二のことが気になっている。

キャスト

瀧内公美…1989年10月21日生まれ、富山県出身。2014年大学生の時に映画のエキストラに参加したことがきっかけでスターダストプロモーション所属し、卒業後本格的に女優活動を開始。2014年公開『グレイトフルデッド』で映画初主演。2017年、映画『彼女の人生は間違いじゃない』で主演し様々な賞を受賞。女優としては単発の出演が多く凪のお暇は初のレギュラー。舞台や映画で活躍。

水谷果穂(役:エリィ)

出典:https://www.ken-on.co.jp/mizutani/

登場人物

ゴンの女友達。ゴンと一緒にイベントでパフォーマーとして働いている。
ゴンに気があるようだが…

キャスト

水谷果穂…1997年11月3日生まれ、静岡出身。2012年春に応募したオーディションに合格して芸能界へ。2013年7月『リアル脱出ゲーム 密室美少女』で女優デビュー。2015年10月『先輩と彼女』で映画初出演、2016年1月公開の『バレンタインナイトメア』で映画初主演。そのほかにも写真集を発売したりお天気キャスターに就任したり、歌手デビューもしている。

女優としては『地獄先生ぬ〜べ〜』『ブラックペアン』『メゾン・ド・ポリス 』など

凪のお暇相関図

あらすじ&みどころ

地元から遠く離れた東京で会社員として毎日真面目に働いていた主人公の凪は、ある日社内で耳にしてしまったモラハラ彼氏の一言で過呼吸に陥ってしまいます。

そのことがきっかけで自分の生活をリセットしたくなった彼女は、仕事を辞めて郊外のアパートに引っ越しました。自分の持ち物もほとんど捨ててきた、久しぶりに空気を読まなくていい生活を送ることにしたのです。

心機一転リフレッシュしたものの、再就職の不安や、元彼の訪問、母親との不和で心はなかなか休まりません。しかし、そんな中でも凪は不器用ながら自分を見つめ直し、成長していきます。

現代の女性の共感が得られそうな作品です!

原作はコナリミサト 凪のお暇」は?

TBSドラマ凪のお暇はコナリミサトの同名漫画「凪のお暇」が原作です。

秋田書店の「月刊エレガンスイブ」にて連載中の『凪のお暇』。マンガ大賞にノミネートされる前にも、第8回ananマンガ大賞に選ばれたり、書店で積極的にプッシュされたりするなど、注目を集め始めていました。

そんな本作を描いたのは、柔らかいタッチのかわいらしい絵柄とは裏腹に、人間の感情をストレートに描くことに定評のあるコナリミサト。

登場人物を厳しい状況に置いても、どの作品でも登場人物に対する視線は暖かく、本作の主人公についても、作者は最後には自分なりの幸せを掴んでほしいと優しく見守っています。

本作の見所のひとつは、人間の描写の奥深さです。一見気弱なようでタフな主人公の凪を始め、凪を取り巻く人間は単純に描かれていません。例えば、別れた後も相変わらずモラハラ発言ばかりしてしまう元彼の慎二も、その内面が明らかになるうちに単なる酷い男でないことが判明していきます。

また、何といっても本作で注目したいのは、凪の節約テクニック。幼い頃から培われてきた凪の節約テクニックは、食事や掃除に止まらず、手芸など多岐にわたります。

豆苗を育てて食費を節約したり、シャワーヘッドを買い替えて節水してみたり。簡単に実現できるものばかりですので、読んでみたらきっと試してみたくなるものが見つかるでしょう。

ドラマ【凪のお暇が百合で見れる!?

凪のお暇は公式では完全に凪とゴン、慎二との三角関係がメインですが、龍子との出会いやみすずと3人での女子会など、正直百合設定でも充分に楽しめます!

凪の周りの女子に男の匂いがしない事、凪との関係が近すぎる事が百合設定で楽しめる要因になっています。

凪とゴン、凪と慎二の恋愛がどこまでいくかによって百合度も変わって来る予感!

見逃した動画を無料で視聴するには?

注目の「凪のお暇」ですが、見逃してしまった、またはもう一度見返したいという人もいらっしゃると思います。

そんな時に便利なのが動画配信サービスです。

TBSのドラマだったら放送後1週間はHPから無料視聴できるので、見逃さないようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする